読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼女から彼氏の犯罪の数々を聞き心配になった。
その後、そいつから僕に連絡があり殺されるんじゃないかと不安になった。なぜ彼が僕を認識しているのか疑問に思った。
初めは彼女を心配して元気づけるために告白のメールを送ったりした。拒絶されると分かっていたが独りじゃないから落ち込んで自殺しないようにという思いから。こういうことになるならこんなことしなかったら良かったと後悔してる。また、元気づけようと様々なプレゼントや食事を奢ったりした。こういうことになるならこんなことしなかったら良かったと後悔してる。何度か彼のことを彼女に聞いたけど答えが曖昧で、不安や心配が増していった。
彼女から拒絶された。拒絶は受け入れられたが悪意ややましい気持ちがあった訳じゃないから今回のことがストーカー呼ばわりされるのは納得いかず、そういう誹謗中傷を止めて欲しいのと彼のことを詳しく教えてくれるのが先じゃないかと思った。それが道理だと思った。
そしたら、周囲の態度が酷くなりいじめみたいになりつらくてつらくて死にたくなった。
最終的に、これ以上返事がないのに彼女に連絡をしてはいけないと思い彼女の親に手紙を送った。それでも返事がなかったから自分で対処するしかないと思った。
彼女に関わることなく先ずは誹謗中傷をなくすために彼女と同じマンションに引っ越した。誹謗中傷してる人達が僕が彼女と同じマンションから出て行くのを見たら仲直りしたと誤解し誹謗中傷がなくなると思った。
しかし、人として引っ越したことは間違ってる気がして彼女の親に全てを打ち明ける手紙を出したら、警察に訴えられ警察が大学に来た。