読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Instagramやブログで彼女とのトラブルを公表するのは警察の捜査に法律上重大な問題が多々あるかもしれないからである。憲法で保障されている公権力への意見表明をしている。また、 捜査機関の関与があったので憲法で保障されている言論の自由を行使し公権力への意見表明をしている。 誹謗中傷や理不尽な噂があり苦悩していたのでそれらから自分の人権を守るためにも事実の公表と意見表明をしている。警察 のパンドラの箱を私と彼女は知ってしまったために二人とも不祥事を隠蔽されるために不利をされるかもしれないので。彼女と警察が協力したら少し隠蔽できるから。

無実の理由が違法捜査なのか、彼女が私を騙していたのか、彼女が言ったことが事実であり私の言動に論理的正当性があったのか、は言うつもりはない。

「実話
歯学部歯科医の彼女から彼氏が痣が何ヶ所もできるまでDVし窃盗し不法侵入や誘拐未遂し刃物を持った写真を送りつけると相談された。彼女を心配した。その男から僕に連絡がありさらに不安心配になった。 認識されてるのが恐ろしくてさらに自分の命が不安になり彼女の命を心配した。殺される悪夢を何度もみて精神的に大変疲弊させられた。
また、彼氏が精神科に通院していると聞き、普通の精神疾患なら治療して良くなると良いねと言いたかったが、暴力や刃物を持ち出す男だったから正直不安や心配が増大した。しかし不安や心配になるのは偏見な気がして苦悩した。その後彼女の親と彼氏がメル友と聞き疑問だらけになった。」


「考察
①彼女を恨んでいるか?恨んでいない。私は彼女とのトラブルをネットで公表はしたくない。公表することで彼女が受ける気持ちを思えば公表したくない。嫌々公表してる。彼女とのトラブルで私の人生や家族の人生全てが破壊された。しかし恨んでいない。
② 彼女のことをどう思っているか?私には事情があった訳だから話し合って欲しかったので彼女の対応は心底残念であり悲しい。しかし、私の事情は彼女には関係ない訳であり彼女の対応には理解できる。
③彼女の彼氏は刃物を持ち出したから、もしかしたらアル中や薬物使用者や非合法組織の人間だったかもしれないが、それでも彼氏の過去を気にせず彼氏と仲直りし友好関係を築いている彼女を尊敬してる。そして彼氏とメル友である彼女の親も心が広い聖人君主みたいな人だと尊敬してる。私は彼女の親にある事を強要され一億近くの経済的損失を被ったが娘への愛情の深さには感動してる。
④騙されたなど言って申し訳ないと思っている。彼氏と親がメル友と聞いて騙されていたんじゃないかと嘆いた。 しかしもし彼女が私を騙し警察沙汰にし人生を破滅させたのなら今世紀最悪の詐欺紛いの事件だ。彼女がそんな事をするはずがない。彼氏がどんな人間であれ愛した彼女は深い慈愛がある、なので彼女の親も彼女と同じくらいの慈愛のある素晴らしい方であるに違いない。彼氏とメル友であってもおかしくないと思える。彼女が私に言ったことは真実だろう。
⑤徹底的な捜査があった理由をずっと考えていた。公権力が一般的でなかった理由を考えていた。捜査機関が法治国家を否定した理由を考えていた。そして二つの仮説を思いついた。私を無実と判断した上で警察の主目的は彼女の関係者を調べることだったのではないか。彼女の知り合いまたは彼女の彼氏の知り合いにドラッグまたは危険な組織または詐欺組織でマークされていた人がいたのならどうだろうか?それとも、彼女の父親が過激で警察は私を法律上無実と判断していたが何かありマスコミから非難されるのを恐れて自己保身に走った。そして違法行為をした。しかも警察自身が違法捜査した認識がないのならどうだろうか?

法律上(過去の判例から)警察が取得した私の個人情報は削除され社会生活で何も影響されないはずだけど、、、削除したかどうかは私が裁判に訴えたり私が何か事件をし裁判にならない限り分からないのが気持ち悪い。

#北海道#札幌#歯学部#歯科医#北海道新聞#読売新聞#朝日新聞#毎日新聞#産経新聞#NHK#報道#ジャーナリズム#正義#不正#稲葉事件

渋々明らかにしていたがもう彼女の実名を公表しなくてもいい。様々な苦悩から解放される法手続きが分かったから、それを利用し来年の秋に全てが裁判で明らかになる。

Instagramやブログで彼女とのトラブルを公表するのは警察の捜査に法律上重大な問題が多々あるかもしれないからである。憲法で保障されている公権力への意見表明をしている。

法律上私の個人情報は削除され社会生活で何も影響されないはずだけど、、、削除したかどうかは私が裁判に訴えたり私が何か事件をし裁判にならない限り分からないのが気持ち悪い。

警察の対応が違和感だらけでありその事が気持ち悪い。だから六月以降blogなどをしているし彼女には連絡をしていない。

#北海道#札幌#歯学部#歯科医#北海道新聞#読売新聞#朝日新聞#毎日新聞#産経新聞#NHK

警察のパンドラの箱など知らずに静かに生きたかった。
彼女の親に誠実に打ち明けたらそれを利用された。それは悲しいが相手がどうするかどう考えるかは相手次第だから仕方ないと思う。
倫理的に申し訳なく思っている。誰のせいでもない。私が苦痛に耐え、彼女が誹謗中傷と彼氏の犯罪行為について話し合うまで待つ忍耐力がなかった。私が相手から相手の彼氏と相手の親がメル友と聞き騙されて留年する流れになったのかと思い嘆き相手を信じられなくなった。我慢できていれば問題は大きくならなかった訳であり我慢できなかった私に責任があるわけで今の状況は受け入れられている。
警察沙汰にならなければ相手とのトラブルについて何も言わずに全てを抱え込んでいただろう。しかし、警察沙汰になった以上避けられない。しかも訴えられた側としては。

命に関していたわけだから彼のことを知りたいと願いそしてロッカーで陰口を言われたりからかわれたり電車内で指を指して嘲笑されるなどを経験し辛く以前にもまして誹謗中傷を止めて欲しいと強く願い、「話し合いたい」と望んだら何もかも失った。

知らない後輩からは廊下などですれ違いざまに露骨に避けられたり偶然同じ電車に乗ったらあからさまに他の車両に移動されたり、、、、、、僕が何をしたんだ?どうしてこんなにも酷い扱いをされなきゃならないんだと思いながらも悲しくて苦しくて何度も死にたくなった。酷い誹謗中傷に対して止めて欲しいとお願いするのは法律違反だったの?
いじめが日本からなくならない理由がわかった気がする。陰口言われたり指差されたり知らない人に無視されるのではなく露骨に嫌な態度をとられる人の気持ちが、いじめられたことがない人には分かるまい。僕もアラサーになって初めていじめられる側の気持ちが分かった。

どうすれば僕はよかったんだ?同じマンションに住めば周囲が誤解して誹謗中傷がなくなると思った。しかし、常識外れだった気がしてどうしようか1ヶ月苦悩し全てを彼女の親に告白し相談を願ったらそれをまるで鬼の首を取ったように誠意を足蹴にし利用された。悲しかった。
歯科器具が誰かに盗まれたり、貸した歯科材料が減り、、、レポートがなくなったり足跡がついていたり、僕は色んなことに我慢して我慢して生きてきた。

彼は包丁持った写真を送りつけ自殺すると脅したり・暴行をしたり・誘拐未遂みたいなことをしたり・窃盗したり・そいつの彼女からそいつと会いいつの間にか眠り知らないうちにそいつが帰った時があるなど相談され、そいつは危険な人だと恐怖した。そいつから僕に連絡があり僕は不安になった。
彼は暴行をする奴だよ。一線を越えてる奴だよ。危険を感じるのは不安を感じるのは当たり前だと思う。
彼という犯罪者に対して恐怖や不安を抱きその結果だからなー、人生って何なんだろうね。自分でまねいた過ちならすっーと受け入れられるが‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥。


そいつは精神科に通院していると聞いたから訴えても罪に問えないかもしれない。

相模原の事件や最近刃物の事件が多発しているので彼はそのような事件とリンクしている訳であり、彼に認識されているのが連絡あったのがどんなに不安だったか。

テレビで悲惨なニュースを見る度に、彼のことを思い出し彼を起因し思い悩みまた助けようとしてその結果何もかもを失ったことが虚しい。

相手に休学退学すると約束し引っ越しをしようと北海道に戻った時、マンションで相手とは一度すれ違いまた2、3度私の視界の隅に彼女を見かけ出会わないように私から避けた。実家に戻ってなかったということは「彼女が警察に訴えた不安」という条件が当てはまらない。